人気ブログランキング |

水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 25日

2013AWに向けて

 明日から再びイタリアへ。
今回は某ブランドの展示会に向けサンプルの最終仕上げに
展示会も楽しみですが、カタログが上がってくる時が
一番遣りきった感があります。

そして、前回仕込みをした自ブランド来秋冬第一弾の上がりはいかなるものか?
物作りに対する姿勢が大好きで、お願いしたその工場とは
今回初めて仕事をするのでやや緊張ぎみ。
今回のあがりを見て良ければ何型かサンプルを追加する予定

そしていつもの工場ではヒールものを。
少し人より作り込みが早いのでトレンドとしては外れるかもしれないですが。。。
勝手な自分の感性を今の気分で取り込んでと毎回チャレンジしています。

日本の市場では同じ様な物がひしめき合い、同じ物を求める人々が大半ですが、
今の時代こそ、個々の個性を生かす時代に入ってきたのではないかと感じています。
だからといって乱す物も作る必要ないし、静かな個性が光出る物作り
改めてそこに的を置いて、取り組むつもりです。

f0164391_8351989.jpg

きれいなバーガンジー、ワイン色を見るとホロッとなる。
そして、思い出すは
小学校にあがる時ランドセルは
光沢のあるこれじゃないと(バーガンジーのコードバン)学校に行かないと親にわがままを言って、
姉のより格段に高いのを買ってもらった。
6年生になっても綺麗なまま、几帳面な母が布巾でよく磨いてくれつやが増し、
近所の子供にその後渡り12年間現役で活躍したそうな。
良い物を買いなさい、大事にしなさい、買えなければしっかり見ときなさい
と母からよく言われたものです。
小学校3年の時はマラソン大会で一番になったら革のスカートを買ってくれと
親に無理やり約束させ、必死で練習し、見事勝ち取った。
黒のしっとりとした革は履いていると本当に心地が良かった。
外遊びで必死なのでおもちゃに関しては
ねだった記憶がないけれど、その2つだけはどうしても欲しくて、、、
よく覚えている。

記憶を辿ると面白い、わがままで、そして革物がやっぱりスキなのよ!

by sarassun | 2012-10-25 09:02 |


<< I love Vintage♡      秋晴れの空の下 >>