水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 15日

風の便り

 そろそろその方に連絡しないとな〜と思っていた
その次の日の夕方、お亡くなりになられたとの連絡を受けました。

享年68歳、前日迄仕事を続け、大勢の従業員を抱え、
大きな体で笑う姿、お気に入りのピンク色のシャツ、
お酒も飲めませんのやと関西弁まるだしのそのおじさんは
何かある度に奥様と一緒にお祝いだとご飯に誘ってくれたものです。
ありとあらゆる企業のトップの相談相手となり、飲まずに接待が出来る、
愛嬌と信頼で人間関係を築き、一人一人心から丁寧に接したそうです。
スケジュール帳は先の先迄予定でびっしり詰まり、
関西と関東を2往復する事もあったそうな。

思い立った時には必ず、行動に移すべきだと人に言っておきながらの
出来事に、悔しい思いでいっぱいです。
でも、報告したかった事に関しては、必ず喜んでくれてるはず。

忙しい人だったから、
でもじっとしていられないかもしれないけれど、
どうぞ安らかにお眠り下さい。
ご冥福をお祈り申し上げます。

最近、嬉しい事も悲しい事も同じ分量になってきました。
それは歳を重ねてるからなのでしょうか。
お別れするのは非常に悲しい事ですが、心の中から決して消えてしまうわけでも
なく、見てるから精一杯やれよ〜との声が聞こえてくる気がします。

by sarassun | 2012-10-15 17:19 | 宝物


<< 秋晴れの空の下      お祝い >>