水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 28日

サイゴン紀行

今月頭の事、突然知り合いがノルウェーから来るからと旅行する事になり、
滞在時間50時間の弾丸トラベラー〜〜

2020年の発展に向け、都市計画が進み、経済が一挙に伸びてきたベトナム。
発展についていけない市民と、富裕層の生活水準の違いを街のあちこちで
垣間みる事になりました。
f0164391_17143147.jpg
f0164391_1748678.jpg

史上最悪の戦争と言われ、多くの死者を出したベトナム戦争,
今尚 枯葉剤に苦しむベトナム人やアメリカ兵の二世、三世、
多くの女性や子供、農民が犠牲となり、15年間の冷戦の幕を閉じました。
f0164391_17213416.jpg

戦後約40年が経過し、戦争を経験したベトナム人はとても穏やかで、
国の発展を夢見、懸命に過ごしているように思いました。
今後9年間の義務教育制度が導入されたり、人口が増え、
100%の家庭がブロードバンドインターネットにアクセス出来るようになるそうです。

そして、靴の生産地でもあるベトナム、街の道路脇にグラインダーを置き、
靴の修理に励んでいる姿をよく見かけました。小さな子供も隣について学んでいました。
そろそろお店を構えるようになるのでしょうか。
f0164391_17151480.jpg

f0164391_1715469.jpg


f0164391_17261889.jpg

彼女のお母さんはベトナム戦争の難民として家族共々逃げ延び、
ノルウェーに移住する事になり、向こうで育ちました。
子供にはベトナム語やベトナムの歴史をきちんと教え、
自分達のルーツを忘れないようにしています。

一緒に巡ったホーチミン、短時間で色んな事を教えてもらいました。
日本が平和であること、また戦争を経験し、原爆を落とされ尚急発展してきた事
大きく発展した先には、ひずみが生じ、また悲しい出来事も待っている事、
そうやって循環している事を他人事のように思っていましたが、
現実に引き戻されたショートトリップでした。

お決まりのマーケット巡り、美味しい物を食べ、暖かい空気に身をゆだね
勢いと活気、ベトナムコーヒーの甘さも心地よかった。
f0164391_17351374.jpg
f0164391_17443146.jpg
f0164391_17433863.jpg
f0164391_17501173.jpg
f0164391_17421881.jpg
f0164391_17411533.jpg
サイゴンよさようなら
ホーチミン市民はいまだにサイゴンと呼ぶそうな、(余談)
[PR]

by sarassun | 2012-04-28 17:44 | 旅 asia


<< 時間を大切に☆      スケジュール >>