人気ブログランキング |

水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 04日

norwayから

こんばんは、
f0164391_21185456.jpg


ヨーロッパ滞在最終はノルウェーに一週間程滞在しました。
工場を離れた時点でリラックスタイムが始まり、色んな事を忘れ、心から楽しむ事ができました。
たまには必要ですね。

しかし、オスロに入ったのはあの事件の3日後でした。
街中に花束がところ狭しと並び、広場にはオスロ市民の1/3の人が集まり
追悼式が行われました。
街の花屋さんはいつもの30倍以上の売り上げだそうです。
それは全て寄付にまわすことになっているそうです。
国民は今回の悲劇を一生忘れる事なく、さらに団結し、素晴らしい国作りをしていこうと訴えかけています。
無差別な犯罪に巻き込まれた76人の方々に心よりお悔やみ申し上げます。


今回はオスロから車で5時間南下した、mandalという南ノルウェーの小さな海の街で大半を過ごしました。アウトドアや自然遊びは好きですが、なにしろ海のある場所が一番落ち着きます。
f0164391_21113699.jpg
f0164391_21112396.jpg

ノルウェーで一番長いビーチで海水浴をし、水温は今迄体感した事のない程冷たかったですが、
遠浅の海で子供連れの人が多かったように思います。
今年の夏も真っ黒
子供の面倒を見る事も今回の滞在目的なので、知人の子供をあやすのに精一杯でしたが、
子供と同じように私も網をもって魚すくいをしたり、砂山で遊びました。
f0164391_203598.jpg

彼らとの言葉の壁は一緒に楽しんでいればなんとかなりました。
大人はほとんどの方が上手に英語を話します。

そして、何よりも気に入った点は、長い冬を有意義に過ごすため、
国民は特にライフスタイルに時間とお金をかけます。
別荘を購入したり、内装に力を入れたり、衣食住でいうと住に大半を掛けているといっても過言ではないと思います。

衣はswedenに一度行った事がありますが、シンプルでクール、機能性を重視したデザインが多く、ノルウェーもまた同じでした。
Acneは変わらず人気のようです。
靴もイタリア人の友達がデザインしているブランドが何処もかしこにもあり、店員さんにきくとすごく売れていますとのこと、後に報告すると喜んでいました。
f0164391_2112519.jpg

私もいつかそうなりたいものです!!

食は夜11:30にようやく日が落ちるんです。
f0164391_2127727.jpg

この時点で夜の9時
ノルウェーの夏は短く、太陽が出て天気のいい日は国民にとって貴重な一日です。
そんな日はお花をテーブルに飾り、庭でBBQをしたり、ベランダで夕食をしたり、太陽の日焼けかと勘違いするほどお酒も入り、ほんのり酔っぱらうそういう楽しみ方をします。
外食すると本当に高くつくので、スーパ-やマーケットで野菜や魚を購入し、家庭で調理し、家族で団らんします。
一度だけランチを外でしましたが、2人で1万弱でした。たいしたものは食べてないです。
日本では信じられませんね。
お寿司も新鮮な魚が手に入るのでとっても人気のよう、市内には沢山おすしやがありましたよ。
とても高いですけどね。

アンティークの品物もいくつか調達致しました。
限られた時間を有効に使い、自然と共存して過ごす、
心の豊かさと穏やかな余裕が私のこころまで和ましてくれました。
とにかく北欧の暮らしにワクワクしています。
f0164391_21135748.jpg

まだ、良いところしか見ていないからでしょうがね。

by sarassun | 2011-08-04 21:01 | 旅 EU


<< informazione      summer vacation >>