水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 15日

l am のんき

飛行機がローマに着陸した瞬間、無事の帰国に拍手するイタリア人、
携帯の電源をまず入れて、迎えの連絡をいれる中国人に家族に挨拶するイタリア人
イタリア人も中国人もとってもおしゃべりが好きな人種

今回の滞在先はroma termine駅近く hotel tokyoという所です。
いつもの滞在先はハイシーズンでもオーナーと知り合いになった為、
25euroや30euroという価格で泊まれるんですが、
さすがにその程度の部屋なので、リサーチがてら新しい宿泊先を探すことに。
一目散に目に入ったはtokyoの文字
はい、tokyoシックです。

ホームシック、何故なら私が東京に帰るころに大親友が東京を引き揚げ、
ヨーロッパ周遊とぶどう収穫の旅に3ヶ月程出掛け、
その後地元に戻り、就職することを決めたからです。
ちょっと一緒にアペリでもとか、飲もうってなったらすぐに落ち合える友達、
本音で沢山語り合える友達が一人いなくなると思うと、もう寂しくて、寂しくて。
でもその選択が彼女の飛躍につながるのだから仕方のないことです。
いつでも応援してるよ!!

さて、今回は北京経由ローマ行き、初めてのAIR CHINA搭乗でした。
北京、ローマ間はほぼ寝ていたので、ご飯も2回程スルーしていました。
これでもかという程寝たのに、ローマに着いても眠さは抜けず、ワインをたっぷり
飲んで11時PMには就寝、さすがに5時AMに目が覚めましたが、
さほど時差ぼけがないことに驚きました。
さて、今日はこれから工場の街に電車で5時間ほどかけて向います。

当たり前だったこのルート まさか、こんなに長旅だったのかと今回にして、驚いた私でした。
また順を追って、靴の仕事の報告等諸々いたします。
f0164391_14152178.jpg

スペイン広場より

by sarassun | 2011-06-15 13:52 |


<< 途中経過報告      くっくっくっ >>