2013年 05月 06日

豊かさとは?

人生を豊かにする知恵とは、あらゆる瞬間を素晴しいものにする術を知ることです。
との冒頭でHERMESのカタログに綴られていました。
そうだその通りだとうなずいたGWの最終日。
様々な経験を形に変え、お金を掛けなくても楽しめる方法はまだまだ沢山ある。
心が豊かな人はそれを素晴しいものに変えるセンスがある!と思う。

骨董市を何故するのか?との質問に、
自分の知っている骨董市とはえっこれがこんな値段で手に入るの?
こんな古い物がまだ残されていたのか?と探し出す事が楽しみの一つとなり
どこからやってきた、どのように活用されていたなど背景を知る事で
ワクワクする様な瞬間が何時何時もある。私を豊かにしてくれる!
それを提供する側になりたいとただ思っただけ。
今年は本気で骨董市には出ません!と断言したんですが、やってほしいとの
リクエストをいくつか頂きました。
心より嬉しかったです。ありがとうございます。

イタリアに住んでいた頃、ponte vecchio(ヴェッキオ橋)を渡り、語学学校と工房に通っていた。
宝石には何の興味もなかったのに、日々変わるディスプレイ、石の色やモチーフ、
手作りのジュエリーに目を奪われたちまち虜になった。
昔のジュエリーボックスも様々で手が込んでいて素敵だった。
周りには家具修復、もちろん靴鞄工房、彫金師など物作りの環境が沢山あった。
一日が有意義で毎日何らかの発見があった。
デザインの参考にしたり、時代を勉強したり、ディスプレイなどうろうろしながら
目に焼き付けた。
人それぞれの好みやキレイな物の観点は様々ですが、
いくつもある中で自分にとって大切なもの好きな物を
選ぶ事、特に古い物は同じ物が二つとしてないから特別感があります。
宝石は買い付けてはいませんが、宝石のように輝いた
自分にぴったりのものを探しにいらしてください。

f0164391_13244960.jpg
f0164391_13245413.jpg


5/19(日)8:30〜15:00頃までとさせていただきます。
場所は未定ですのでわからなければこちらにメール下さい。
info@yayoisarayama.com
[PR]

# by sarassun | 2013-05-06 13:51 | 骨董
2013年 05月 01日

Sto preparando per il mercato dell'antiquariato !骨董市の準備中

f0164391_22305063.jpg

19世紀後半のカトラリー6セット
まさにアールヌーボー初期の頃のものです。

アイス用のスプーンが何とも愛らしいフォームでなかなか見かけることはできません。
大量生産品ではなく一点一点手作りです。
持ち手の部分も細工が施されているし、首の部分のカーブや形もきれいです。
真鍮とシルバーメッキのコンビ、チューリップ?スズラン?のような花や葉っぱをモチーフにした
模様が施され、たいへん絵になります。
[PR]

# by sarassun | 2013-05-01 22:22 | 骨董
2013年 04月 30日

夏の準備

暑くていや〜なんて8月頃には贅沢を言ってる自分
それでもスキな季節、今年は何回海にいけるかな?

水牛革
牛革をイントレチャート(革を編み込む)で鞄に仕上げました。
f0164391_3282070.jpg


編み込む前に革を染色することも可能ですので、色のバリエーションはかなり豊富です
楽しんでいただけるかと。

持ち手の部分は切り離す事なく全て編み込んで繋げてもらっています。
大きめで平べったいタッセルはオリジナル。
革の経年変化も楽しみの一つです。

近場にpicnicやBBQって時にも大活躍。

¥49,350(¥47,000)
イタリア製
[PR]

# by sarassun | 2013-04-30 03:42 |