2013年 07月 30日

夏の始まりに

Tre maestre(トレ マエストレ)マルケに集結
f0164391_17481369.jpg


生産背景を知っているのと知らないのとでは物を作る上で気持ちの入れようが
大変異なってくると私は思います。
どんな人と一緒に物作りをしているのか、どこを経由し、材料がやってきて
どういう販売の方法でこのパーツはいくらでなどイタリア製で作る上で
生産者側にも顔を見せる事で信頼にもつながるし、単純なことではあるが、
日本に居るだけでは見えない部分や疑問に思う箇所に今回触れてもらいました。

そこで今回初めてメンバー3人が集まり、物作りの裏側に潜入。
私たちがお世話になっているメーカーはハイブランドを主に世界全土の
ありとあらゆる有名なブランドとコラボしています。
そんな歴史のある立派な会社にパートナーとしてタグを組んでもらい 
いつもお世話になっております。
忙しくて少し遅れ気味になるところもありますが感覚や製品の上がりの正確さには
定評があるので文句なしです。今のところ^^
社長自ら忙しい中2日間みっちりと時間を合わせつきあってくれました。
f0164391_17481634.jpg


この感謝の気持ちを忘れず私たちもがんばらないとな。
お楽しみにしていてください。
[PR]

# by sarassun | 2013-07-30 17:45 | 旅 EU
2013年 07月 10日

何をしていたかというと。。。

気がつけば一ヶ月もご無沙汰しておりました。
PITTI UOMOの写真を添付します。
f0164391_22241424.jpg

f0164391_22212156.jpg


毎度のごとく暑すぎました。
f0164391_2228391.jpg

f0164391_2222698.jpg


トレンドはざっと見回ったところ
昨年とさほど変わっていないような気がしました。
トリコロールや白黒コンビ、色色色 今年同様カラフルでした。
(参考にならずごめんなさい。)
その後マルケで生産の準備とサンプル作りに入りました。
f0164391_2226469.jpg

新しい木型も導入し、普段使いができ、日常生活にさりげなく彩りを与える事
来シーズン14SSは都会の中のオアシスをテーマにコレクションを作っています。
まだ全て完成ではないので、引き続きがんばります。
[PR]

# by sarassun | 2013-07-10 22:32 |
2013年 06月 10日

2014SS

 梅雨入りしましたが雨の恵みはまだありません。
今年も水不足になるのかな、ここ最近ヨーロッパの洪水の被害をよく耳にします。
なんでも普通が一番なのに、どこかで歪みがでてきてるんでしょうね。
過ごしやすい夏であってほしいな。

17日 Firenzeに出発します。
PITTI に行くのが目的、
もし男性だったらこんなスタイリングを楽しみたいな〜と
女の目線で目の保養をさせていただきます。
写真も撮ってきますね。

展示会の間 Stazione Leopolda(昔のFirenzeの駅)にてVintage展も催しています。
こちらに行くのも目的の一つ。だったのに今年は時期がずれていて7月初旬に。。。
残念っ

来年春夏のコンセプトはネットアドベンチャーによる複合化ですって

現在の世界はネットアドベンチャーが盛ん、今、若者の間で言われている新語で場所にこだわらずに、
パソコンだけを持って自由に仕事をするスタイルのことをnomad worker(ノマドワーカー)と言われているように、
瞬時に電子のようにどの文化圏、時代、地域に広く、自由に飛んでゆけ、
ほとんどの情報も手元に置け、疑似体験可能な環境に身を置くなかで、
必然的にひとつの地域、事柄に偏ることなく、
自身のイデア、ライフスタイルに、取り入れて構築してゆくことが可能な時代。
その結果居ながらにして「都会生活とノマド生活」「エレガンスとスポーツ」「未来と過去」など
あらゆる空間軸、時間軸を融合してゆくことが可能な時代の中でファッションも進化してゆきます。

こんな時代が来るとは正直大昔は思っていなかった。
しかし、10年くらい前の私の夢の一つは
世界中を自由に行き来しながら、仕事を続けることだった。
ネットがあればどこでも仕事のできる環境づくりがビジネスを始める上でも前提で
大変重要なことであった。
その形態作りが一番時間を費やした業務であったような気がする。
と同時に見えない分、コミュニケーションやディスカッション
人対人の信頼関係を作る事も大変重要な要素かと。

Firenzeの後はいつも通りMarcheに向かいます。
2014SSのデザイン画はほぼ完成、後はサンプルをあげる準備のみ。
材料屋巡りから始まり、今回は新しい木型も作ります。
そのままパターンを引き、試しに何度か仮縫いしてもらいます。
生産分の手伝いもあり、この時期はほぼ工場に入り浸り。
職人とかします。

型数は本当に少ないですが、楽しみにしていてください。
[PR]

# by sarassun | 2013-06-10 13:39 |