水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 27日

ドイツ製ピッチャー

 もちろん骨董の買い付けも目的ではありましたが、お気に入りがなかなか見つけられず。
途方に暮れ(そこまででもないですが...)笑 
イタリアを後にしたわけです。

ドイツでの最終日散歩に出掛けた先に、
アンティークを売っている露店商発見。
荷物も重量オーバーぎりぎりでパッツパツのところ、目に入ったは陶器のピッチャー
普段ならあきらめるはずが、え〜い 持って帰ろう!!
って気持ちになり手荷物に追加
少し重めですが、手に馴染むフォルムと
シンプルで美しい形は時代を超えても尚残り続けるものだと思います。
f0164391_01901.jpg

[PR]

by sarassun | 2010-08-27 00:20 | 骨董
2010年 08月 23日

最近の周りのブームは

 子供が誕生するよ!!との報告が色んな方面からきます。
イタリアのマーケットで子供服沢山ゲット!!!

その中から
[PR]

by sarassun | 2010-08-23 07:30 |
2010年 08月 21日

水の近くに泊まっていたようです

フランクフルトに話は戻ります。
ホテルから出てすぐ朝市を堪能し、
沢山の客で賑わっていた ビアガーデン(私も前夜お世話になった)、レストランの横を通り

f0164391_14164715.jpg

f0164391_14163169.jpg

f0164391_14162132.jpg

この扉をくぐってみると
f0164391_1415155.jpg

f0164391_14152548.jpg


あらっ素敵
[PR]

by sarassun | 2010-08-21 14:21 | 旅 EU
2010年 08月 17日

猫のお母さん

日本での生活は

帰国して次の日からバイト生活が始まりました。
もちろん当然です、何処でも何でもやりまっせ(笑

最近の日課
猫の餌やりとお世話
f0164391_17554383.jpg

毎日一緒に居ると 可愛くて可愛くて仕方がない。
ただいまというと 私を玄関迄迎えにきてくれる。

それはきっとお腹がすいているからかもしれない。
寝る時は足下や近くによってくる。
最初はあんなに人見知りだったのに、
ついに心を開いてくれたかと思うとこっちも嬉しいよ!
[PR]

by sarassun | 2010-08-17 20:55 |
2010年 08月 16日

フランクフルトの土曜の朝

そして、後日早起きをし、街に繰り出す事に。
おばちゃんに言われた通りホテルの近くをうろうろしてみると、
朝市に遭遇、
f0164391_9283925.jpg

近所の人が木で編んだ買い物かごを持って
野菜や花を買いに出てきていました。
肉やチーズも豊富な品揃えでした。
f0164391_9274935.jpg


休日は家族親戚が集まって一緒にお昼ご飯を食べるのかな??
綺麗に束ねた花束を見て、誰に?何処に飾るのかなと想像してみたり
f0164391_9284999.jpg
f0164391_9391257.jpg
バタークロワッサンは私の大好物

空気も澄んでいて、涼しげな朝だったので、とても気持ちの良い一日の始まりでした。
f0164391_9281914.jpg

朝市でこんなに新鮮で素敵な花が買えるとなると幸せでしょう!!
この様子を見て、豊かさを感じたので、少しこの街にも滞在したくなりました。
[PR]

by sarassun | 2010-08-16 09:30 | 旅 EU
2010年 08月 13日

さよならイタリア

f0164391_1946558.jpg
 フランクフルト在住のイタリア人の両親のもとドイツで育ったおばちゃんは
私を快く家に迎えてくれた。

キッチンには世界中の料理に使うスパイスと
ふせんが所々に挟まれたバラエティーにとんだ料理の本
リビングには英語で書かれたアートや歴史の本がびっしりと並び、
規則正しい生活がインテリアやおばちゃんの様子から伺えた。

毎回イタリアからフランクフルトに戻ると寂しさがこみ上げてくるのよ。
”よく、わかります。”
私も東京に戻るたびに大都市に一人ポッツリと落とされたように寂しさを感じた事があります。

イタリアは色んな意味で人をすっぽりと包み込んでくれるような包容力がある。

さて、このおばちゃんにどこで出会ったかといいますと、
pescara(ペスカーラ)というアドリア海に面した街からフランクフルトまで飛行機に乗って
やってきたんですが、その際に空港で声をかけられたんです。
貴女は日本人ね!!
沢山の日本人を見ているから格好でわかったわ。
でもどうしてこんな所にこんな沢山の荷物を抱えいるのかしら?
質疑応答が始まり、私も人と話すのが嫌いでないので
ドイツについて空港から街迄の2時間の道中もずっと一緒に話し込んでいました。
10PM予約していたホテルが郊外にあるので、親切そうなタクシーの運転手を捕まえ私を乗せてくれた。
おばちゃんはホテル迄荷物が多いのでタクシーで行った方がいいという事と、
そのホテルの辺りの素晴らしい町並みを
朝疲れていなければ、歩いて散歩する事、
次の日に何処を観光すれば私が楽しめるか、
お昼ご飯に招待するから来て頂戴と提案してくれ
その日はさよならをした。

知らない街に一人2泊するのが普段旅慣れているもののその日は何故か心細かったのは確かだ。
友達に囲まれて寂しい思いをすることもなく過ごしたイタリアから、急に一人ぼっちになってしまったからであろうか。
とても親切な方に声を掛けてもらえ本当に嬉しかった。
[PR]

by sarassun | 2010-08-13 19:43 | 旅 EU