水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

マーケット巡り

 友達が仕事でイタリアを離れるとの事、私一人でお留守番
さて、今日は念願の泥棒市へ 早起きをし、電車に乗って、空は快晴 雲一つなし
元ミラノ在住の友人から聞かせれていたBONORAの泥棒市、実は結構危険な地区らしいのだが、そんな気配みじんも感じず...感じる余裕もなく、身も心も入り込んでしまい...
f0164391_8355428.jpg

 午後はfirenzeでの専門学校の同期と再会。ナビリオの蚤の市へ
何も考えず飛行機のチケット取ったけど、よく考えてみたらなんてタイミングの良い事。2日で4つもマーケット巡りしました。
最初にいった泥棒市、名前の如く 盗んできた物も沢山並んでいるんです。私の戦利品は黒のオールスウェードのパンプスに 編み込まれた大きめのトートバッグ(荷物の多い私その後大活躍してくれました)  ’20年代イタリアの小学校で使用されていた洋服フック これ小一時間程悩んだ末、今回は買い付けに来た訳ではないしとっても重いしって言い聞かせ諦めてしぶしぶ市内に戻りました。早く離れないとついつい手が出てしまいそうで
イタリアの蚤の市っていびつに並んでいるところこそ気になって立ち止まってしまう。(綺麗に並んでいるところは少ないが)また、掘り出し物が出る確率も高いような気がする。全く何も出てこない事も多々ありますが、その時間は無駄ではありません!!
午後行ったナビリオの市は川の両サイドに所狭しとブースが並び、毎回人でごったがえしています。そこで日本の古美術を扱っているブースに眼がとまりました。郵便局で使用されていた麻の葉書入れ袋 郵便局のマーク”〒” 改めて見るととってもシンプルで素敵だな〜〜。
外国人の目線で選んだ日本の骨董 セレクトがとても良かった上に店主アレッサンドロ君日本語ぺらぺら。そんな単語何処で習ったの?とにかく頭が良いですね!!感心しました
また日本で会う約束をし、友達がデザート屋に連れってくれました。元薬局を改装し、後ろの壁際にはジャラートのコーンが、ズラーーーーっと 
ここのクレープがお薦めとの事、マスカルポーネとアカシアの蜂蜜のクレープを食べました。シンプルな組み合わせの上 本当にこれ美味しい.マスカルポーネって様々な食材に合うんだよね。ローマで修行した日本人のお店にマスカルポーネと黒こしょうだけのシンプルなpizzaがあったけどそれも本当に美味しかったな〜。(余談)
f0164391_8363850.jpg
イタリアに行くといつも美味しい物に辿り着き、今まで食べた事のない新しい味にもチャレンジ出来る。ワイン、食材、気候、イタリア人の人懐っこさ(たまにしつこい人も)は私を離してくれません。これからも色んな州を回って食べ歩きしたいです。少し趣旨が変わってきましたね!!!
f0164391_8361239.jpg
f0164391_8362719.jpg
さて、明日は南に南下します。ここからが本番、仕事をしにきた事をこの時点ではすっかり忘れています。
[PR]

by sarassun | 2009-06-30 08:57 | 骨董
2009年 06月 29日

milan観光

 約一年振りに訪れたミラノ、教会の正面は2003年から修復が始まり、いつ行っても姿見せず、、、足場が組まれ布で覆われ隠れていました。
実に7年振りに姿を見せたこの綺麗なduomoどの角度から見ても品のある美しさ。
f0164391_16365744.jpg


私はまだ未完成のままだというなんとも素朴なBOLOGNAのDUOMOの方が好みなのですが...地味っ子です
f0164391_1614155.jpg
さておき、

 料理が得意な友達推薦のpizzeria"Spontini"、このお店トマトソースベースにモッツアレラチーズとアンチョビが溢れんばかりにのったシンプルなpizza一種類しか存在しません。
後は一種類のラザニアが置いてあるだけ、味で勝負!
f0164391_16141591.jpg

 オリーブオイルをふんだんに使いチーズがカリッと香ばしい、生地はふかふかしています。次の日の夜通りかかったので、覗いてみると大勢の人でごったがえしているではないか、ミラネーゼにとっても人気のようです。
f0164391_16234244.jpg

ここでお腹をいっぱいにし、いざマーケットへ。
インド製cotton100%のused グレイのシャツ購入。脇が破れていたので持っていった裁縫道具大活躍、ささっと修理し、洗濯をして私のものとなりました(笑)古いものの持つ質感や存在感マニアの私には、イタリアや海外の蚤の市やリサイクルショップを訪れる時程幸せを感じる瞬間はないです。まるで宝探しをしているような☆顔の表情がころっと明るくなるねっ!!て友達に見破られました。解ります?!
初日からもの凄くテンション上げてくれました!!
[PR]

by sarassun | 2009-06-29 16:24 | 旅 EU
2009年 06月 28日

水のある場所へ

 ご無沙汰しておりました。この通り元気です!!見えないけれどっ
仕事を兼ねイタリアに約一ヶ月滞在していました。この街車がないと不便な田舎、私は工場長に自転車を借り、材料調達や友人宅、夜のお散歩に、毎日共に仲良く過ごしてきました。
そのお陰、街にも沢山の友達が出来、今回も帰るのが本当に名残惜しかったです。
風邪をひきながらも、海に入りこっぴどくしかられました。天気が良すぎて海の上から見ているだけではもったいない。子供の頃のように親の目を盗んで誰にも気付かれないように。。。誰かに会うと話がすぐに回って,田舎は本当にこれだからっ(笑)
 
 午前午後と近所の工場でデザイン描いたり、木型選び、革選び、話を詰めていき、サンプル完成。思った以上の出来ではありましたが、やはり私にもキャリアがもっと必要だと色んな部分を反省し、次に繋げたいと思いました。また、一番のお気に入りのデザインが一番出来悪く、リベンジをしなければと反省点を見直しました。奥が深いのもやっていこうと決めた一つの理由、語学と一緒で最終地点はありません。
ここに滞在し、こつこつともっとしっかり毎日向き合っていきたいと思いましたが、今のところそのようなタイミングでもないらしく、冬に戻る事を約束し、帰国しました。
 ここにはもう私の家族親戚のような人々が居てくれ、いつも大切に気にかけて下さる方々がいる。それだけで私は自信を持って、頑張れる。今回の滞在でも一言では言い表せないほどの収穫と喜び感動が沢山ありました。この街に届けてくれた革屋のおじさん、家のリフォームまでして待っていてくれた友人、友達の大切さに気付かせてくれた素敵なグループ、寂しい思いをさせないようにと毎日お昼ご飯に招待してくれた一美さん一家の皆様、見ず知らずの私の相手を真剣に最後まで引き受けてくれた工場の方々、デザイナーの方々、周りの友人、日本で応援してくれる家族、友達 どうもありがとう!!常に素敵な気持ちで取り組めた事に心からの感謝を。そして笑顔を
 少しずつ滞在日記を書いていこうと思います!!まずは帰国の挨拶から
f0164391_2233732.jpg

[PR]

by sarassun | 2009-06-28 02:28 | 旅 EU