カテゴリ:旅 日本( 15 )


2011年 04月 11日

長崎は今日も雨だった〜♪

深川製磁
明日から始まるミラノサローネでも大好評の様です。

祖母の親友がここで長年絵付けをしていたもので、
子供の頃から親しんだ陶磁器
深川製磁には憧れと親しみがあります。
ここが皿好き、陶器好きのルーツでしょうか。
 
今年の誕生日にプレゼントしてもらった九州旅行の旅先を
ここ有田の地域を中心にして、青春18切符も握りしめ、行ってきました。
念願の有田です。ちなみに九州に降り立つのは初めてでした。
何百年も前から 世界に認められ、今もなお継承される伝統工芸
洗練されたデザインはいつ手にしても飽きがこず、生活の一部とかします。
自分には湯呑み、プレゼントに急須を選び満悦。
f0164391_16315192.jpg

天気が良かったのでレンタサイクルしぐるぐる駆け回りました。

長崎に着いた金曜はタイトルのごとく雨だった〜。
午後には雨も上がり、中華街、グラバー園、平和公園など
和華欄文化を足で周り、歴史を学び堪能しました。
ハウステンボスのお花は満開でチューリップやすみれが綺麗に咲いていた。
電車から見る桜の花は電車の旅を倍楽しませてくれた。
長崎、佐賀、福岡を足早に過ごし、博多でしっかりもつ鍋食べて
土曜北九州空港から東京に戻りました。
[PR]

by sarassun | 2011-04-11 16:19 | 旅 日本
2010年 10月 05日

ふるさと

 営業兼ねて実家にも帰省
両親は2人仲良く自給自足で暮らしています。

海でカニ網をしかけたり、
f0164391_20564459.jpg
f0164391_205745.jpg
linguine al granchio

山で椎茸とりをしたり、
f0164391_20565324.jpg

サツマイモ掘りをしたり
f0164391_20563425.jpg


それはそれは楽しく穏やかな休日でした!!
f0164391_20562564.jpg


地元の恵まれた自然の豊かさに感謝します。
[PR]

by sarassun | 2010-10-05 20:58 | 旅 日本
2010年 06月 01日

結婚式&ドライブ日和&誕生日会

 車の運転 嫌いでないんだな〜
瀬戸内海はいつも穏やかです。
f0164391_1303914.jpg

天気が良くて 海があって 緑に囲まれ
最高!!気分転換になった。

そして辿り着いたは 
29の日に相応しく 肉はもちろんの事、山海の名物もいただきました。

f0164391_1305433.jpg

[PR]

by sarassun | 2010-06-01 07:58 | 旅 日本
2009年 09月 03日

大阪NIGHT☆

南米も大阪もあんまり変わらへん気がする。
そのまま同じテンションを保ち、夕方大阪へ
飛行機を降りて梅田に向う途中 昔住んでた地域を通過する。
次回は降り立って バイト先でも覗きにいってみよっ!!ビックリするやろな〜。店無かったらどないしよ?!!anyway
懐かしいな〜、この空気と臭い、雰囲気
ほんま何も変わってへん。

夜19時昔一緒に働いていたメンバーで焼き鳥やへ。
大学助教授に海外在住組、結婚した人、妊娠中、8年という月日は大きすぎる。
その後皆様々な道を行き、こうしてまた集まる!!
環境は変われど本質的なものは何一つ変わっていないのですぐにあの当時に戻る。
思い出話や積もり積もった話,ネタはつきへん。
その日二件目で皆とはさよならし、その後高校の友達と待ち合わせて日にちが変わる少し前に心斎橋へ(元気です、まるでスペイン人のよう)、大阪でもなかなか入れないと人気で有名な店(そのように聞いた) 古き良き昭和の臭いがたっぷり残る店”キッチンニコ”朝4時まで営業  
前回時も、その時間でもすでに満員、閉店頃行っても満員、ご飯も美味しいし、接客がこれまた最高!!二号店も梅田にオープン!!
ここに高校時代の親友が勤めている。
話してたらこれまた高校時代の同級生が2人、プチ同窓会が始まりワインを開ける。
別の店に移動し、その日朝7時過ぎまで店5件ハシゴの末神戸の友達宅へ帰る。
店の扉を開けると朝の明るさがけだるかった。
その夜、心斎橋で有名なその友達のおかげでどこいっても誰かが輪の中に入れてくれようさん笑かしてくれた。
また、一人静かに飲むも良し、楽しみ方は自由!
それでお酒も進み酔いもせずによくもま〜こんなに飲めたな〜てくらい気持ちが良かった。
皆目立ちたがりやの人情味溢れた人ばかりでとにかくエネルギッシュだった。
大阪のおばちゃんはって良く言われるけど、若い子も一緒、活気付いてる。
笑いは絶えへんし、一般人でも面白すぎる。!!
ぼけも気の利いたつっこみもできへんけど、一緒になって笑うって身体にいいって事が今回実証出来た
ほんの少し寝てまた再活動したが、ごく普通の日となんてかわりはなかった。

が、しかし 疲れは2日後に・・・
 
f0164391_15192125.jpg

[PR]

by sarassun | 2009-09-03 08:03 | 旅 日本
2009年 08月 11日

花咲く花火 hanabi

花火フォトコンテスト
f0164391_1055445.jpg

AUS,Sydney
[PR]

by sarassun | 2009-08-11 10:55 | 旅 日本
2009年 08月 06日

土用の丑の日

 今年は二度ありましたね。
一度友達のお家でご馳走になった国産のうなぎ 
これは身がふんわりしていてたいそう美味しかったな〜。
その後、スーパーのうなぎ売り場の前で何度立ち止まったことか。
結局買わずじまいで7月も終わり、

先週の日曜日
浜名湖のうなぎは社会の授業で習った通り うなぎの養殖日本一です。
では諏訪湖は?わかさぎでしたっけ??近くまで来たので色々調べてみたら、
人気店だと噂の小林
がひっかかりました
f0164391_1918897.jpg


店の前にはすでに行列が、ここまで来たからには引返す事もしたくないし、
傘もってその並びに参加
運良くあっという間に順が来て、うなぎの特重をはりきってオーダー
こんなに美味しいうなぎ丼は久しぶり。
終始笑顔でした。
もちろん周りのお客さんも
f0164391_19324923.jpg



母お薦めの原田泰治美術館 なにげない田舎の風景画がとても愛らしい、色彩感覚といい、構図がとても面白くて一つ一つの絵全てに愛着が沸きました。残念ながら、原画を見ないと良さは伝わらないと思います。二人の友情から生まれた交流展として星野富弘さんの夏に関する作品も展示されていて約15年振りに原画を拝見し、子供の頃には全くチンプンカンプン??理解出来なかった詩の内容を改めて読み返し楽しませてもらいました。
書き続ける事、続けることが大事なんですね。
[PR]

by sarassun | 2009-08-06 19:20 | 旅 日本
2009年 07月 27日

神聖なる場所

早朝出発だった為、熟睡し目が覚めたら前に広がる富士の裾野
いつか登りたいなと胸の奥からたまにひょっこり現れてはすぐに消え(こんな程度です)そんな事を5年近くも繰り替えしていた今年5月、親友と意見が一致し では7月に富士山で待ち合わせ!!と即決。彼女は関西方面からの参加、やはりタイミングとはいつどんな時にも必要な要因の一つ、こんな話が出てくるのも行きなさい!!といわれているかの様に私には聞こえました。
 
 その後イタリアに出発し、帰国して一段落したのも束の間、実家の祖母が病で倒れ、生死をさまよい入院していました。彼女はいくつになっても私の話に懸命に耳を傾けてくれ、適切なアドヴァイスと励ましの言葉を、同じ目線から投げかけてくれる。もくもくと仕事を頑張るのもいいけれど、女の人もやっぱりユーモアが必要ですね!とまじめな顔して面白い事が言える最高の師匠なのです。母と毎日病院に出かけ、目を覚まさない祖母の横でゆっくりと優しく見守る母親の優しさや昔の話、貴重な時間を親子三代揃って過ごしました。大好きな人が居なくなるかもしれないという寂しさに、元気で活発な姿が走馬灯のように現れては消え。。。 そして、何日か経ったある日 まるで別人のように 可愛らしい少女のような顔で 私達を迎えてくれました。母の事はよく覚えていますが、私には深々と頭を下げ さて、どなたさまでしょう??と言わんばかりの顔をしています。 一命を取り止めドクターもただ驚くばかり、運も強いが強靭な精神力を持つ老婆なのです。
 その祖母27歳で結婚をしました。当時にしては遅かったですね。
相手の男性は富士の裾野にある戦車兵学校で教授をしていた祖父     
出会いは満州、第二次世界大戦中 日本赤十字の婦長を努めていた祖母 が祖父の病室を訪れ患者さんに対する慈愛に満ちた献身的な看病が見初められ 先に帰国した祖父が 結婚を申し込んだそうです。私にはまだまだ指名がありますからと断った祖母に 上司が2週間の休みを渡し、戦時中にもかかわらず日本に一時帰国させたそうです。終戦を迎え、後にも先にも最後の引き揚げ船に乗り込み中国を後にした祖母、その足で長野の祖父の実家に向い 結婚生活がスタートしたのです。この先が面白いのですが以下省略
 その二人の初デートが静岡県なのです。富士を眺める清水次郎長にゆかりのあるおそば屋さんに連れて行ってもらったとの話を聞いていました。今はもう無いのでしょうが、若かりし二人の姿とその頃の話を思い出し 過酷な山道を無言で登りました。またもう一度元気になってくれますように、まだまだ話したい事が山ほどあるから

登山前夜 アルコールをすこーし摂取しちゃいました。富士さんをなめていた訳ではないのですが、いつも以上に心臓の動悸と息切れが激しく、 途中リタイアするのではないかと思いながら 頂上を目指しました。(自業自得です)5時間後8合目到着、夕食を山小屋でとり、深夜頂上目指し3時間程登った先が日本最高峰3776m 地点であります。何度も豪雨に見舞われながらも頂上に無事到着し、明け方にはぴたっと雨がやみ、ご来光まで顔を覗かせてくれたのです。(7月に入り4度目だったようです)稀に見るご来光に私達は本当にラッキーなんだなと美しさと登り終えた達成感にただ感動しました。本当に不思議な感覚です。最後に頂上の神社に手を合わせ、下山しました。
下山には3時間を要し、5合目にやっと到着したと思いきや今度は急に熱が出てきてしまい、ぐったり。高山病にかかってしまっていたようです。そんな時一緒に参加した友達や周りの方々が懸命になって薬を探して来てくれたり、声を掛けてくれたり、看病してくれ 人の優しさに心を打たれました。すみません、ご迷惑をお掛けしました。強風のためお鉢巡りが出来なかったので、いつかもう一度チャレンジしてみたいと思います。今度は万全の態勢でねっ
 
 次の日母から祖母の退院が決まったとの電話を受けました。人間の生命力、沢山病室を訪れて下さった方々のお陰でもう一度命を授かったのでしょうか。亡くなった祖父が見守ってくれているからか、12月にはひ孫が産まれるんです。従兄夫婦が楽しみを持って来てくれました。 
 ”我人生に悔いなし”と言いつつも 祖母には欲があります。もう少しもう少し 
綺麗な物や珍しい楽しい話が大好きな彼女に一つでも沢山喜んでもらえるように、私も頑張っていこうと力を分けて貰いました。
 この数日間で自分の中の何かが変わったように思います。富士登山もそうだし、人との出会いもそうだし、この日をきっと忘れないでおこう。
 
f0164391_12403136.jpg

[PR]

by sarassun | 2009-07-27 10:05 | 旅 日本
2009年 07月 19日

27歳の夏休み

 先日小学校の同級生と地元を探検しました。
学びやに入ってみたり、思い出話に花を咲かせながら、ふと振り返るあの頃の思い出
楽しいひと時でした。(はちゃめちゃでした)

あの当時全校生徒は68人 同級生8人
皆同じようにってわけにはなかなかいかず、腕白で個性を出し合い、先生方たいそう苦労なさったかとは思いますが、皆声を揃え、いまだにあなた達の学年のことは鮮明に覚えているよ!!楽しませてもらったとうれしい言葉を頂きます。    私だったらヒステリーになっているなっ・・・

長いと感じた通学時の道のり、今歩いてみるとたいした距離でもなく、子供の歩幅の小ささを感じました。あとは寄り道をせずには帰れなかったので、倍以上の時間をかけて、毎日いろんなルートで小さな発見を繰り返しながら子供ながらに変化を楽しんでいたんです。

いつもお世話になっていた駄菓子屋さんのおばあちゃん(83歳、祖父の同級生)が、アイスクリームをご馳走してくれました。
軒先のベンチに座り、3人並んで〔192cmの大きな男子も〕 あこうの大木に向かい合わせで、一つも変わらぬ景色と共に 一瞬あの当時に戻る。

故郷あってこそ、身体を休める最高の帰省です。
今日は三連休の中日、ボードもって海に行ってきます!!
私のじゃじゃ馬で腕白なところ昔から変らぬようです。
そろそろ落ち着きが出てきてもいいのにと駄菓子屋の店主にそう言われてしまいました(笑)
皆正直です!!





f0164391_1643575.jpg

[PR]

by sarassun | 2009-07-19 09:28 | 旅 日本
2009年 07月 16日

ところ変わって、日本の田舎より

 7月の帰省は何年振りだろうか?

海水浴で賑わう近所の砂浜には客もほとんどおらず、プライベートビーチのよう
明日は終業式、子供が一斉に押し寄せきっと賑やかになることでしょう!!

空の青も海の青も色味は全く違うけど気持ちが晴れるようにキレイに透き通っている

自然の偉大さに五感がしっかり働き、いろんなアイデアが浮かぶ。

耳を澄ますと聞こえる波の音、野菜の匂い、稲や山の緑の深さ
地の物を食す。

ここにいるだけでエネルギー補強が出来る。
こんな贅沢はなかなかないです。
もう少しだけゆっくりさせてもらいます。

f0164391_1643671.jpg

こちらは白良浜、この透明度
外国の海ではないですよ〜
[PR]

by sarassun | 2009-07-16 22:38 | 旅 日本
2009年 05月 23日

関西からのお客様

 今月に入り関西から友人や従姉が立て続けで遊びに来てくれました。

まず、月島へ 
月島といえばもんじゃ焼きですね。
東京に住んでおきながら初めて食べるもんじゃ。
関西在住の従姉に食べ方、焼き方を教わり完食しました。
もちめんたいこが 一番美味しかったな〜。
みんなでぺたぺたと焼き色つけてあつあつを口に運ぶ。
こんなに美味しいのなら月一でも行けそうです!!正直はまりました
f0164391_1716114.jpg
f0164391_17161476.jpg

 同じ日、叔父とイトコーズ5人で門前仲町にある大衆酒場 魚三へ
f0164391_17165069.jpg

その前に深川不動尊と富岡八幡宮へお参りに 神社仏閣が大好きなわたし、しばし心落ち着かせ、さてとっ 勢いつけて
4時過ぎから生ビール、焼酎片手に 進むこと、軽く2時間半経過。叔父が若い頃から通い詰め常連になってくれたお陰一緒に行く時は並ばず入れちゃうんです。仕事が忙しいときや、実家に帰りたいな〜と思っているタイミングに誘いの電話が入り、美味しい新鮮な魚介類に明日のパワーを頂く。ごくごく稀にある私の至福の時

その後、一行は六本木へ。ハートランドで軽く飲み、東京の夜景にもうお腹いっぱい。
東京タワーは中学校の修学旅行で登ったきり。遠くで眺めるだけで充分だと思ってたけど、ここも近々十数年振りに行ってみようかなとその日のオレンジ色に優しく輝く姿に誘われそう思ったのです。東京第二のタワー東京スカイツリーが2012年春、墨田区に完成します。東京に二本も存在する高層スカイタワー 正直二本も必要なのかな?と地球環境問題、温暖化現象やらと騒がれているさなかにと私は思いますが賛否両論の意見が聞こえてきます。
桜の花が満開に咲き乱れる頃 皇居から眺める東京タワーが私にとって一番の絶景ポイントです、どのアングルから眺めてもうっとりしますが。東京のシンボルって事ですね!!
f0164391_1717133.jpg

[PR]

by sarassun | 2009-05-23 17:28 | 旅 日本