水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食( 20 )


2011年 10月 07日

食欲の秋がやっぱり一番

さてもう今年も残すところ3ヶ月をきりました。
今週も展示会に打ち合わせに私用にと東京中をラウンド中。


まずは新宿伊勢丹のイタリア展、
ルームシェアをしていたtammyさんが通訳としてイタリアからやってきたので
行かないわけにはと張り切って初日顔を出しました!!
そしたら、はやり同じ考えの方は何人もいらっしゃるようで
あの子もあの子もあの人もきてくれたのよ。なんて話していました。

そして、そこで始めてお会いしたtammyさんのお友達のご夫婦がpizzaを
御馳走してくださいました。
ずうずうしくもワインまでおよばれになり、どうもありがとうございました。
Aさん、Oさん、そしてお友達のEさんも
Eさんはあのかの有名なイタリアンブランドを始めて日本に持ってきた人なのだとか
楽しいお時間でした。

今年のpizzeriaはトスカーナ州リヴォルノ、
海の近くのVADAという地域からやってきました。
LA VENTOLA といってホテルも経営しています。
その中にあるpizzeriaなんですね。
是非いつか現地に出向きたいです。

ポルチーニ、黒トリュフ、パルミジャーノチーズ、ルッコラのpizzaは
とっても贅沢で、ひとつひとつの食材がいきいきと生かされとっても
美味しかった。旬です!
そして、pizzaの女王様マルゲリータもトマトソース、フレッシュトマトと
モッツレラチーズの分量のバランス良く美味しかったです。
食べる価値ありありです。
f0164391_1303531.jpg

肝心のpizzaの写真はありませんが、pizzaioloのパフォーマンスをここでご覧あれ
[PR]

by sarassun | 2011-10-07 08:32 |
2011年 04月 13日

友人のtwitterより

 ” 茨城県産イチゴが一パック98円
切なく悲しくて思わず2パック購入
こんなことがこれからも起こるの? ”

あり得ない値段です。
だって世の中に出ている物は検査済みでしょうが。

人間は五感で生きているから、つい情報を鵜呑みにしてしまいます。
実際のところわからないですが、何よりも今回の件で一番不安がっていた
彼女の優しさにほろっときた。

これで今週末イチゴ入りティラミスをつくる決心をした!!
そうしよう。そうしよう。

f0164391_113135.jpgf0164391_115697.jpg











それから一昨日夜、
次回から使用する靴箱の色を姉に相談しながら決めていた。(一方的に)
何百枚もある名刺からヒントを獲ようと何時間眺めていただろうか。
一枚の綺麗なグリーン色が目に止まり、これだっと思ったお店の名は
『Curatolo』ミラノにあるセレクトショップです。
ミラノの中では一番のお気に入りセレクトショップ、
今日twitterで知ったのですが、オーナーのマウロさんがお亡くなりになり
一時閉店したのだとか。とても残念です。
あまりにもタイミングが同じだったので、驚きは隠せないが
こちらの店を忘れない為にも一部同じ色を使わせていただくことに
しました。
上品な中にたっぷりの遊び心、絶妙なバランス感覚
一生参考にさせて頂きます。
ご冥福をお祈り致します。
[PR]

by sarassun | 2011-04-13 07:57 |
2011年 01月 24日

bio のwine会

FIRENZEにてT氏の働くエノテカで
f0164391_2205519.jpg

f0164391_2204133.jpg

ワインの試飲をさせてもらい、
あげくの果てに口がぼけてよくわからなくなったので、
最初良いと思ったものにしなさいとのT氏の一声に
今回はこちらのワインを持ち帰る事に。
toscana州montecucco産  サンジョベーゼ100%ビオディナミのワインです。(以下写真右から4番目)
ずっしりと重くはないが樽がほんのりきいていて美味しかった。
私は全くの土素人ですが、なにしろソムリエやワインに詳しい
人が集うとなると、日本に入ってきていないであろう代物を
選ばないといけないと一人意気込んでいきました。

その日はこんなに飲んだらしいですよ。
f0164391_2213743.jpg

国が違えばボトルの形もこんなに違います!
主催者G氏のサプライズ誕生日プレゼントも登場。
誕生日の年のvintageワイン ラフルールペトリュス。
それに吉祥寺で有名なチーズケーキでした。

ワインリスト(抜栓順)

1.泡 アルジラ グランレセルバ/マス・ベルトラン2006 - カバ/スペイン
 ぶどう品種 チャレッロ100%

2.ロゼ トゥーレーヌ/ボワ・ルカ2005 - トゥーレーヌ/フランス
 ぶどう品種 ガメイ100%

3.ロゼ ロゼ・ポンポン/グラメノン2009 - コート・デュ・ローヌ/フランス 
 ぶどう品種 グルナシュ100%

4.白 リースリング グランクリュ シュロスベルク/ヴァインバック2009 - アルザス/フランス
 ぶどう品種 リースリング100%

5.白 ミュスカ・モワルー/ レ・プティ・ドメーヌ・デ・ジミオ - ミネルヴォア/フランス 
 ぶどう品種 ミュスカ100%

6.赤 ナトゥラーレ・ヴィート・ロッソ/ペッリーニ - プーリア/イタリア 
 ぶどう品種 プリミティーヴォ、ネグロアマーロ

7.赤 カンピヌオーヴィ2008 - DOCモンテクッコ/イタリア 
 ぶどう品種 サンジョヴェーゼ100%

8.赤 パタポン/クリスチャン・ショサール2006 - コトー・デュ・ロワール/フランス 
 ぶどう品種 ピノ・ドニス100%

9.赤 Ch.シャトー・レ・グラン・マレショー2008 - コート・ド・ボルドー/フランス ×2本
 ぶどう品種 カベルネ・ソーヴィニヨン97%、メルロ3%

10.赤 Ch.ラ・フルール・ペトリュス1976 - ポムロール/フランス
 ぶどう品種 メルロ、カベルネ・フラン
f0164391_221936.jpg


ワインと食事の組み合わせの楽しみ方を今年は勉強出来ればと思います。
なにしろ名前が覚えられないので、感覚で学ぶというのでいいでしょうか。皆さま
最終的には皆ほんのりよっぱらって楽しい集いでありました。
詳しい内容はこちらのblog
[PR]

by sarassun | 2011-01-24 22:05 |
2011年 01月 20日

初挑戦

 マルケに着いた日は休日
韓国人の夫婦K&Sに連絡すると是非新しい家に遊びにこいと迎えに来てくれました。
その前に一緒にアンティークを売っているお店に連れて行ってもらったよ。(恒例の行事です)

彼らはクリスマスイブに海の見える家から少し内陸の田舎に引っ越し(どちらとも田舎です)
今はチョコという名の猫と3人暮らし
家の二階には彼らの友達のイタリア人家族が住んでいます。
今日はキムチを作るのだというので、手伝わせてもらうことに。
砂糖は一切使わず、洋梨100%ジュースと炊いたお米で甘さをだしていました。
そこに大量のチリをこれでもかというほど入れるのです。
その家々にまつわるレシピがあるのだとか、興味深い
少し寝かせるとの事で、マルケを発つ前日私がお寿司を作った時にあわせて食べました。
f0164391_2358176.jpg

美味しかったな〜。

イタリアの友達の家はみな広々としていて、暖炉があったり、キッチンが使いやすかったり、
日本の家の広さと比較してしまうと大変うらやましくなります。
お母さん達は一生懸命広い家を綺麗に掃除し、好きな家具を買ったり、アレンジしたり、
内装を変えたりし、生活を楽しんでいます。
食事の時間は賑やかで、食べる事は一日で一番大切な時間なのではないでしょうか。
仕事がどれだけ忙しくても、家に辿り着くとゆったりした空気と時間が流れます。
イタリアに長く住む彼らもまた同じように日常生活を楽しんでいます。
お皿やグラス、家具などもいつも行くアンティークショップで買い揃えているとか。

今回のマルケでの戦利品はこちら
f0164391_0154024.jpg
f0164391_015229.jpg
マルケにpesaroペーザロという地域があります。
そこにある窯元で作られた古い陶器のピッチャーに
シルバー製の懐中時計の外部、片面にはガラスがはってあり
中身は無かったですが装飾が美しかったので買って帰りました。
何かの入れ物かネックレスのチャームとして使えそうです。
[PR]

by sarassun | 2011-01-20 22:12 |
2010年 10月 25日

un pacco e' arrivato./小包届きました

中身は5kgのお米と グアテマラのコーヒー豆

”コーヒー豆売ってる所この辺にありますか?”と
標準語の若い男性に声をかけられ、ナンパか?と勘違いしたあの日は

もう8年も前のこと

イタリアに留学する為、大阪から実家和歌山に戻り、
貯蓄のラストスパートにさしかかっていた頃であった。
行く所は本屋と仕事場と家の往復

いつもの如く本屋で立ち読みをしていると その方が声を掛けてきた。

こんな田舎に豆を売っている所(しかも生豆)少し考えたが、、、、あるわけもなく、
スターバックスに私が勤めていた事もあり、豆の話で盛り上がり仲良くなった。

話をしていると同い年で(しっかりしていたのでだいぶ後になってそのことは知ったのだが)
落ち着いていて、将来のビジョンもしっかりしていて、
なかなか田舎ではみかけんタイプやな〜と思いきや
群馬からからくり人形の研究で和歌山高専に編入し、間もない頃であったようだ。
卒業後はリサイクルマシーンの設計に携わり、彼は関東で就職をした。

追いかけるつもりでもなかったが、偶然にも同じ埼玉の川口に私も住む事になり
なんとも不思議なご縁だね!!とやきとりやで酒をかわした。

その後、アメリカ赴任が決まりそうであったその矢先、お父さんが倒れ
実家の家業である農家を次ぐ決意をし、彼はまた群馬に戻った。
こんな親孝行の息子がいれば家族はさぞ嬉しいだろうと
うちの母親はつぶやいた。(誰と比較してんのか?(笑))

丹精込めて作った美味しいお米にグアテマラのコーヒー豆 
臭いの良さもさることながら味がいいのってなんのって。驚いた!
あの頃よく飲ませてもらったコーヒーより断然 美味しかった。
お前も成長したな〜とメールでもしておこう!!

何処に居ても何をする事になっても同じように同じだけ力を注げる人です。
何処の土壌であれ、美しく穏やかで個性的な花を咲かせる 人である。
f0164391_2323375.jpg

コーヒードリッパーも付けてくれてました。
思いがけず嬉しい 荷物であった。
[PR]

by sarassun | 2010-10-25 23:18 |
2010年 09月 01日

それは帰国してすぐの

とある平日
友人Aから食事の誘いが
以前から行きたいと願っていた近所の洋食屋

遠藤利三郎商店

料理も勿論美味しいのですが、ワインの品揃えが多いのなんのって。
f0164391_11332588.jpg


ソムリエに選び抜かれた世界各国のワイン
食べたい料理のセレクトにあわせ、ソムリエが適切なアドバイスをしてくれる。
更に落ち着いた素敵な内装と共にゆったりと美味しく味わえる とびっきりの空間なのです。

この日はイタリアのワインでciacci piccolomini d'aragona 
f0164391_11333854.jpg
f0164391_1132581.jpg
まずは泡から アジと夏野菜にコンソメのジュレを添えて
子羊の肉はtoscanaのワインにとってもあっていました。

スカイツリーも大きく成長をとげていますよ!!
ただいま438M
[PR]

by sarassun | 2010-09-01 07:37 |
2010年 02月 03日

西南西やや右

 今年の恵方はタイトルの方角のようです。
今日の食卓は手巻き寿司、毎年2月3日といえば豆まき&恵方巻き
当たり前の行事かと思っていたら、恵方巻きの風習は関西だけのようですね。
無知でした。
私の中では一年の始まりの日にあたります。
この日が来るとさて今年も始まったなと思うんです。

 仕事を終え、友達が一杯行こうと誘ってくれたので、近くの居酒屋へ
お寿司が待っているから、さてそろそろ帰るかと思っていたその時、
隣に座っていたおじさんが声を掛けてきました。
ぱっと私を見て貴女は素直だね!!とこういったんです。
騙されやすいんでしょうね!と返答するとそれを解っているなら結構じゃないか。
と、こんな感じで会話が始まったわけです。
説教もしないし、面白いところをつくので話が聞きたくて 
おまけにビールもご馳走になって!
 そしたら、人間は一生勉強をしないといけないよ。目標や疑問がなければつまらないからね。
その為には毎日のなんてない日々の積み重ねが大切なんだ。
失敗した時は原因を追求するだろ?!
上手くいったときも必ず要因はあるからそこに気付きなさい。
満足してはいけないよ。車が入ってきたら譲ってあげればいいんだ!急にたとえ話になったり、
飛んだりしたんですが、なるほどなと感心させられたわけです。
その方の顔はとても素敵な顔をしていました。生きている事を自分の力で開拓し、
楽しんでいられる顔でした。
 そうこうしていると雪が降ってきたのです。
お店の中にもちらつき始めおじさんのはげ頭にも
そしたら俺はヘルメットをかぶっているから平気だ。
てな感じで少しの時間を満喫させてもらいました(笑)

ここでお会いしたのも一期一会、もう一生会う事はないでしょうが、貴重な話
有り難うございました。
自分が相手から思われている部分を自覚して伸ばしていきない、
自分以外の人には出来ない事なんだから自信を持ってと皆に聞こえるように
大きな声でおっしゃっていました。
面白い人沢山います。この世の中

暦の上では立春ですが、ハルはまだ少し先で冬が終わるのをゆっくりと待っている。
今年の桜の開花は3月23日予定だそうで、(今日のラジオより)
何処で花見をしようかともう頭の中が春のイベントでいっぱいだ。

 
[PR]

by sarassun | 2010-02-03 22:23 |
2010年 02月 01日

豚肩肉はいったい

 どんな姿になるのかな?

美味しいよ!!
[PR]

by sarassun | 2010-02-01 21:22 |
2009年 12月 11日

時期のものを食す

今日の東京は雨、
仕事も休みなのでわざわざ外に出掛ける気にもならず、家にある食材を見渡し
ドルチェでも作ろうかと
年に2、3度しか作らないから、今年で最後のお菓子作りであろう。
イタリアの家庭料理に触発されたのか、不思議とやる気になりました。
思い立ったが吉日,早速気が変わらないうちに取り組むとします。

山盛りの蜜入りリンゴ、実はリンゴ大好きなんですがアレルギー持ちで生で食べると
のどがかゆく苦しくなるんです。

好物が食べれないのはとても悲しいことです。
が、これなら

More
[PR]

by sarassun | 2009-12-11 19:03 |
2009年 09月 17日

市場見学

 5時に目を覚まし、向った先は築地魚市場。
浅草の賑わいも活気があって素晴らしいが、ここもまた男らしい威勢のいい活気と鮮度の良い魚介類がなんとも興味をそそる。
朝早くから活動するのは苦にならないから、また機会を見つけて行ってみよう。

 場内をすたすたと颯爽と歩く店主の後ろにぴったりくっついて、新鮮な魚介類を厳選する。
軽子(かるこ)と呼ばれる子車に何度もひかれそうになり、
「もたもたしてるとひかれっぞーー!」などとしかられる!!何度謝ったことか(笑,汗)
f0164391_9464765.jpg
f0164391_9472553.jpg

水曜日は残った魚も多いから目が肥えていないとまずいの買っちゃうよ!!と念を押され、子供の頃から唯一培かわれている鮮魚選びに集中しました。(一緒に暮らした曾祖父、祖父共に漁師)

 ここで人生初めての経験第二弾を
クジラの肉を早朝からいただく。血の気が多くて、鉄分たっぷり、臭みはないものの好みの味ではないし、先日オーストラリア人と捕鯨についてやり合っている番組を見たのであまりいい気はしない。もちろんクジラを増やす為に取り組んでいる研究の為なら結果は出ているのなら仕方はないが、殺し方等を見せられると可哀想な気がしてならない。
その為にも美味しくいただかないとな・・・
あさり、めかぶ、ひらめ、小あじをゲットしたが比較するとこじんまりしていて可愛い物に見える。
あさりも小あじもケースで買うからわけてやら〜と ダイナミックに買い物をする後ろで なるほど、こうするんか〜。交渉する時は上のものに相談する。など いろんな手ほどきを受けました。
次回の築地は私にお任せといいたいところだが、足下見られてしまいそうな雰囲気でもあった。

 アサリはパスタに、ヒラメはローズマリー、オレガノの香草焼き、小あじはさくっと油で揚げ南蛮漬けと和風あんかけ掛け2種類作り、昨夜の食卓に並んだ。そこに真ダコやアワビが送られてきたのでカルパッチョとバター焼きにして贅沢な晩餐でした。
f0164391_9433576.jpg
f0164391_9435221.jpg
f0164391_944713.jpg
f0164391_9442118.jpg
珍しい魚がずら〜り。何処に旅行しても現地の何らかのマーケットに足を運ぶようにしている。築地での体験はどこか知らない国に来たかのような光景であった。
[PR]

by sarassun | 2009-09-17 07:57 |