水のある場所へ テクテクと

sarassun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:骨董( 37 )


2010年 08月 27日

ドイツ製ピッチャー

 もちろん骨董の買い付けも目的ではありましたが、お気に入りがなかなか見つけられず。
途方に暮れ(そこまででもないですが...)笑 
イタリアを後にしたわけです。

ドイツでの最終日散歩に出掛けた先に、
アンティークを売っている露店商発見。
荷物も重量オーバーぎりぎりでパッツパツのところ、目に入ったは陶器のピッチャー
普段ならあきらめるはずが、え〜い 持って帰ろう!!
って気持ちになり手荷物に追加
少し重めですが、手に馴染むフォルムと
シンプルで美しい形は時代を超えても尚残り続けるものだと思います。
f0164391_01901.jpg

[PR]

by sarassun | 2010-08-27 00:20 | 骨董
2010年 04月 06日

温故知新

桜の花が咲く=入学式、新しいクラスの発表 恥ずかしくて、ドキドキしたあの日を思い出します。
今年は寒かったり、強風、雨と天候に恵まれない春の始まりでしたが、ようやく暖かくなってきました。
目黒川から始まり、皇居、千鳥が淵、隅田川と花見をたっぷり満喫し、もう大満足です。

さて、去る4日の 日曜 国際フォーラムの骨董市に出店しました。
ディスプレイしたアンティークはそのおかげか人の出入りがとても多く、それを見た
外国人の観光客の方や骨董好きのマダム、若者に沢山褒めていただきました。(その様子撮り忘れです(汗))
桜と同じ薄ピンクのチューリップに緑を少し混ぜ見ているだけでうっとりする花の可愛らしさ、
人の足も何度もその前で止まりました。
毎回楽しい出会いがあり、これが楽しみでやっているようなもの、多くの方々に喜んでいただけるよう継続していきたいと思います。
 
骨董好きの私を魅了したfirenzeの食の祭典の様子、
先月の様子ですが、ちょいっとご覧下さい
会場はアンティークと新しいモダンな家具、道具、室内装飾品などをセレクトし、時に修復し、作り出し、リメイクし、
キッチン、バスルームなどを各家のサイズに合わせ設計し、提案する会社のショールーム兼オフィスです。
全てオーダーメイドの為、世界で一つの自分の空間が出来るんです。
私もいつかここでキッチンの設計をお願いしたいな〜
RICCARDO BARTHEL
 


f0164391_19352591.jpg
f0164391_19354675.jpg
f0164391_19355926.jpg
f0164391_1935367.jpg
f0164391_19372420.jpg
f0164391_19374533.jpg
f0164391_19363221.jpg
f0164391_1937015.jpg
f0164391_200148.jpg
f0164391_200248.jpg
f0164391_2004326.jpg
f0164391_201058.jpg

[PR]

by sarassun | 2010-04-06 19:29 | 骨董
2010年 03月 10日

parisのおたく達

 今日はparisの秋葉原を紹介します。
こういったがやがやしたところ大好きです。

こんなに群がってさて何があるのかな?とおもいきや、
いろんな電気のコードや携帯の部品の一部、私には理解出来ない部品の数々がずらーっと並べられ
競りのように値段交渉をしていました。
日曜大工や機械の修理は皆お手の物らしい。
使い古しのフライパンを売っている人も多かったな。
f0164391_18452291.jpg
f0164391_1845248.jpg


無許可で露天行商する人が多く、警察官がくると一斉に何もなかったかのように
片付け逃げて行く。何度も何度も繰り返し片付けたり、広げたりかなり大変そうであった。
f0164391_18443828.jpg

これだけではなく、洋服や家具などを売っている人もいる。
Moutreuilの市からでした。
[PR]

by sarassun | 2010-03-10 18:47 | 骨董
2010年 02月 25日

un giorno speciale/特別な一日

面白い印象深い日曜日を過ごした。
大勢の人と会話を交わし、笑顔で去っていく後ろ姿
様々な個性が垣間みれて それだけで満足した。


古き良き物はいつまでも人の心を満たし、生活に彩りを与えてくれる。
共に過ごす毎日が明るく楽しいものになる。
沢山はいらないけれど、

特別な何かを大切にしてくれる人のもとへ結び運ぶ。


出会いを求めイタリア、フランスへ明日出発します。
[PR]

by sarassun | 2010-02-25 07:07 | 骨董
2010年 02月 18日

何挟む?

 ベルリンのマーケットで出会った七宝焼のクリップ。
アールヌーヴォー時代の作品を真似て作ったような60年代くらいのもののようです、裏と表の絵が違います。

モチーフは鳥と船!!
別の絵柄で同形の物をベルギーのマーケットでも見つけました。
店のおやじが高値を付けてきたので、ドイツではこの値段でしたと 
ボソッと言ったら ドイツに行ってくればいいじゃないかと
譲ってくれませんでした。
おやじもお気に入りだったんでしょうね。

それは確か猫と家でした!!

別に同じようにしなくてもいいんですよね。
何かしらの共通項があれば案外マッチするもんなんです。
2倍以上の楽しみ、使う喜びがあります。
頭は常に柔らかく:D

f0164391_9225066.jpg
f0164391_9355441.jpg
[PR]

by sarassun | 2010-02-18 08:23 | 骨董
2010年 01月 20日

1月はJapanese style で

昨日今日と驚く程暖かい
東京では18度を記録したそうです。 
梅の花の開花もあちこちでみられた様ですね。
さて、この間の日曜は打って変わってとても寒い一日でした。

第3日曜といえば私にとっては恒例の大江戸骨董市
それはもう、寒いのなんのって、足の先から冷えるんですから、出展者の方は大変です。
早起きし沢山着込み出掛けました。

目的は着物の帯探し。
今年は年始から初詣に結婚式、着物を着慣れる会を主催し(部員自分含め2名)、
着付けもさらっと学んできましたよ。覚えてるかしら??

くまなく3周し、出会った 品は

こちら
[PR]

by sarassun | 2010-01-20 18:57 | 骨董
2009年 06月 30日

マーケット巡り

 友達が仕事でイタリアを離れるとの事、私一人でお留守番
さて、今日は念願の泥棒市へ 早起きをし、電車に乗って、空は快晴 雲一つなし
元ミラノ在住の友人から聞かせれていたBONORAの泥棒市、実は結構危険な地区らしいのだが、そんな気配みじんも感じず...感じる余裕もなく、身も心も入り込んでしまい...
f0164391_8355428.jpg

 午後はfirenzeでの専門学校の同期と再会。ナビリオの蚤の市へ
何も考えず飛行機のチケット取ったけど、よく考えてみたらなんてタイミングの良い事。2日で4つもマーケット巡りしました。
最初にいった泥棒市、名前の如く 盗んできた物も沢山並んでいるんです。私の戦利品は黒のオールスウェードのパンプスに 編み込まれた大きめのトートバッグ(荷物の多い私その後大活躍してくれました)  ’20年代イタリアの小学校で使用されていた洋服フック これ小一時間程悩んだ末、今回は買い付けに来た訳ではないしとっても重いしって言い聞かせ諦めてしぶしぶ市内に戻りました。早く離れないとついつい手が出てしまいそうで
イタリアの蚤の市っていびつに並んでいるところこそ気になって立ち止まってしまう。(綺麗に並んでいるところは少ないが)また、掘り出し物が出る確率も高いような気がする。全く何も出てこない事も多々ありますが、その時間は無駄ではありません!!
午後行ったナビリオの市は川の両サイドに所狭しとブースが並び、毎回人でごったがえしています。そこで日本の古美術を扱っているブースに眼がとまりました。郵便局で使用されていた麻の葉書入れ袋 郵便局のマーク”〒” 改めて見るととってもシンプルで素敵だな〜〜。
外国人の目線で選んだ日本の骨董 セレクトがとても良かった上に店主アレッサンドロ君日本語ぺらぺら。そんな単語何処で習ったの?とにかく頭が良いですね!!感心しました
また日本で会う約束をし、友達がデザート屋に連れってくれました。元薬局を改装し、後ろの壁際にはジャラートのコーンが、ズラーーーーっと 
ここのクレープがお薦めとの事、マスカルポーネとアカシアの蜂蜜のクレープを食べました。シンプルな組み合わせの上 本当にこれ美味しい.マスカルポーネって様々な食材に合うんだよね。ローマで修行した日本人のお店にマスカルポーネと黒こしょうだけのシンプルなpizzaがあったけどそれも本当に美味しかったな〜。(余談)
f0164391_8363850.jpg
イタリアに行くといつも美味しい物に辿り着き、今まで食べた事のない新しい味にもチャレンジ出来る。ワイン、食材、気候、イタリア人の人懐っこさ(たまにしつこい人も)は私を離してくれません。これからも色んな州を回って食べ歩きしたいです。少し趣旨が変わってきましたね!!!
f0164391_8361239.jpg
f0164391_8362719.jpg
さて、明日は南に南下します。ここからが本番、仕事をしにきた事をこの時点ではすっかり忘れています。
[PR]

by sarassun | 2009-06-30 08:57 | 骨董